現在位置見どころ

見どころ

歴史的、文化的な町である開封市は歴史上、かつて汴梁、汴京、東京とも呼ばれ、中華民族の発祥地の一つである。夏朝、戦国時代の魏、五代時代の後梁、後晋、後漢、後周、北宋と金国はいずれも都を開封に定めたので、「八朝古都」とも呼ばれている。特に北宋時代の都として168年間継続し、全国の政治、経済、文化の中心である開封は国際的な大都市となり、「華麗天下無し、人口百万超えた」と言われたほど経済の発展を成し遂げた。当時の繁栄ぶりを宋代の有名な「清明上河図」の中にリアルに伝わってきた。

雄大な城門、長く続く古い城壁、堀、内堀水系が包公湖、龍亭湖、鉄塔湖などとともに、宋文化の雰囲気がついよく、余韻のある独特な開封の風景を作り上げた、「半分宋韻、半分水」の城と言われている。


開封には22箇所の観光スポットがある、その中に、5A級の観光名所「清明上河園」は宋代の文化を主題とするテーマパークで、張沢端の名作「清明上河図」をリアルに、そして芸術的に再現したものである。4A級の観光名所は、宋の宮殿の遺跡の上にある「龍亭公園」、天下第一塔の「鉄塔」、北宋首府の「開封府」、名裁判包拯様を記念するために建てられた「包公祠」、「中国翰園碑林」、千年歴史を持つ「大相国寺」という6箇所がある。3A級の観光名所は「万歳山」、楊業を記念するために建てられた「天波楊府」と「皇宋大観茶城」があげられる。他には、開封から22キロ離れている南にある「朱仙鎮」は中国の四大名鎮の一つである。昔、岳飛がここで金の軍を破れ、全国に名を知られたのである。「朱仙鎮」は民間芸術の宝と言える木版年画の郷であり、今まで800余りの歴史を持ち、今までも木版年画の伝統的な作り方を保存している。


開封市は「一河二街三ショー」という観光スローガンを打ち出した。この「一河二街三ショー」はすでに開封観光の新たな名刺になった。

「一河」とは「東方ベネチア」と呼ばれる御河のことを指す、船に乗って歴史上の北宋を体験するすることができる。


「二街」とは東京の神田街と同じように有名な書店街と鼓楼街のことである。書店街に入ると、千年歴史を持つ書院に入ったような感じがすると思われる。

「三ショー」とは夜間で行う三つのショー、つまり清明上河園で上演する大型水上「大宋・東京夢華」、小宋城で上演する「千回大宋」と銀基文化産業園で行う「○ショー」のことである。

「東京極地海洋館」は中国国家級の科技プロクラムの一つであり、中には1000種類以上の海洋生物がいる、中原地方において、それは海洋生物の種類がもっとも多い海洋公園である。

 宋代の風貌を再現するレストランやお土産さんが集まる小宋城では屋台料理、中国式の喫茶店屋酒場など開封の独特な食文化を体験できる。

「開封西湖」は開封の新区に位置し、現在、開封の新しい人気観光スポットになっている。銀色の砂浜が続いて、両岸に高いビルがそびえ立っている、「西湖を西施と比較しようとすれば、まるで汴州を杭州と見なしているようだ」

ようこそ、開封へ。国家歴史文化名城、レジャーの都である開封を楽しんでください。