現在位置開封のあらまし

開封のあらまし

開封は黄河南部の平原の中心部に位置し、中国八古都の一つであり、中国歴史文化名城、中国優秀観光都市、中国菊名城、中国書道名城、中国収蔵名城、鄭州航空港総合実験区主体都市と中原経済区核都市である。開封市の総面積は6266平方キロ、市内の人口は548万人いる。開封市は杞県、通許県、尉氏県、蘭考県、祥符区、龍亭区、順河回族区、鼓楼区、禹王台区、開封市城乡一元化示範区からなっている。

開封は4100年の歴史を持ち、夏朝、戦国時代の魏、五代時代の後梁、後晋、後漢、後周、北宋と金国はいずれも都を開封に定めたので、「八朝古都」とも呼ばれている。特に北宋時代の都として168年間継続し、全国の政治、経済、文化の中心である開封は国際的な大都市となり、「華麗天下無し、人口百万超えた」と言われたほど経済の発展を成し遂げた。当時の繁栄ぶりを宋代の有名な「清明上河図」の中にリアルに伝わってきた。

開封は漢唐文化、明清文化,宋文化を育てた。開封の有名人というと、公正無私の包青天、烈士七兄弟の楊家将、民族英雄の岳飛、政治改革を目指す王安石、秦国を破れ趙国を救った信陵君、画家の張択端、文学家の蔡邕、詩人の阮籍、県委書記の焦裕禄、教育家の林伯襄、歴史家の範文瀾、哲学家の馮友蘭などがあげられる。開封は戯曲の郷、木版年画の郷、盤鼓芸術の郷としても有名であり、名人文化、飲食文化、黄河文化、府衙文化なども長い歴史を持っている。

開封はきれいな景色を持っている、自然景観と人文景観がたくさんある。中には、清明上河園、龍亭公園をはじめとする5A、4A級の観光名所が八箇所、開封城壁、開封鉄塔をはじめとする全国重要文化財19箇所がある。市内には、五つの湖と四つの河があり、水域面積が約170ヘクタールである。開封は春に清明文化祭を開催し、秋に菊文化祭りを開催していて、毎年数多くの観光客が開封を訪れ、古都の景色を楽しみながら、文化の重みを感じることができる。国際文化観光名城を建設しようとしている開封は、今後、文化、商業と観光の融合発展によって、文化観光業のさらなる発展が期待できる。

 
中原経済区の核都市の一つ、鄭州航港経済総合実験区主体都市、华夏歴史文明伝承革新先行模範区と鄭汴一元化の一環として、開封は工業基盤整備が整っていて、自動車およびその部品、装備、化学、生物医薬、電子情報などの産業群が育成されている。 開封市は農業生産が盛んな地域であり、開封は中国の小麦、落花生、綿の主な生産区の一つです。そのうち、ニンニクの生産量は全国において二位を、西瓜、落花生の生産量は河南省いおいて一位を占めている。小麦、落花生、無公害野菜や果物、菊、牧畜を代表とする農業および農業関連産業も完備している。交通の面から言うと、開封市は国家クラスの高速道路と鉄道の中枢地となっている。鉄道の「 龍海線」、「鄭徐高鉄客運線」、「京九線」、「京広線」が開封市を横に突き抜ける、また、自動車道路の面から見ると、「连霍」、「日南」、「大広」、「鄭民」という高速道路で開封を他の地方と連結している、鄭州方向へ行くなら、「鄭開大道」、「鄭開物流通路」、「鄭汴路」を利用できる。新鄭空港までは30分しかかからなく、「鄭開城鉄」を利用して鄭州高鉄駅までは28分しかかからない。今後、「鄭徐高鉄」という鉄道、「機西」と「商登」という高速道路が建設されたら、開封の交通はもっと便利になる。中国政府が中原経済区と鄭州航空港経済実験区を中国の経済建設重要プロクラムにしたことに従い、副都心に発展していく開封市は中部地方にある地理的な優越性が日増しに顕著になると思われる。